からくり人形時計について

   和時計風の躰体から織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を模した
  からくり人形(身長60〜80cm)が交互にせり出し一日4回
  各5分間の演技をします 人形は八代目玉屋庄兵衛氏の
  作によるものです
   そもそも名古屋は尾張からくりの古里であり文化文政期を
  頂点とする江戸時代には数多くの山車からくりが製作されて
  現在でも各地の祭礼で主役を勤めています
   また名古屋は時計の古里であり津田助左衛門による国産時
  計第一号や明治初期の時計産業が全国に先駆けて誕生した歴
  史があります
   さらに名古屋は信長 秀吉 家康三英傑の古里でありこの
  三人によって戦国時代の天下が平定された歴史はあまりにも
  有名です従ってからくり人形時計は名古屋の生い立ちを象徴
  していると申せましょう
   この事業は地元の大須と栄を中心にした若宮大通りの環境を
  よくする会の構想と本市若宮大通公園整備にかかるモニュメン
  ト設置計画が一致したもので官民が一体となって実現したもの
  です
   特にからくり人形は若宮大通の環境をよくする会より大須と
  栄を結ぶ若宮大通りの再整備と市制百周年に協力する趣旨で寄
  贈を受けました


   からくり人形上演時間 十二時 十五時 十八時 二十時
      平成元年三月二十一日
                      名古屋



仕様

からくり人形時計の仕掛け

 三英傑人形は尾張からくり人形操作のうちの糸からくりによる操作をベースに製作されています。糸からくりは、何本かの糸を巧みに使って、人形に微妙な動きを表現させる時に仕用されています。
 例えば、秀吉人形が藤吉郎から秀吉の顔に変化する“面かぶり”の仕掛けなどは代表的な糸からくりです。
 しかし、このからくり人形時計の場合は、人間が中に入って操作する訳にはいきませんので、その代役を工業用ロボットに引き受けてもらいました。躰体の中には、電動式の回り舞台とも言える機械が入っています。そして、その上に人形の乗ったせり出し用の舞台が三方向に向けて据え付けてあります。
 人形の動いていない時は、常に信長人形が正面を向いた位置に来ています。
 決まった時間が来ると自動的に扉が開き人形が演技します。このようにして、次々と3体の人形が演技をする訳です。
 また、人形操作の動きは小型のモーターを仕用しています。
 つまり、皆さんにご覧いただく人形はからくり人形仕立て(江戸時代のロボット)にしてあり、これらの操作は最新の工業用ロボットが行います。それでは心ゆくまで新・旧のロボット技術による協同作業をお楽しみ下さい。

<※資料 名古屋市農政緑地局>